有料老人ホームの種類と特徴について

###Site Name###

有料老人ホームには、大きく分けて「介護付き」「住宅型」「健康型」の3つのタイプがあります。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか。


まず、「介護付き有料老人ホーム」とは各都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設のことを言います。

介護が必要な人を対象としていて、食事や入浴などの日常生活の介助から、機能訓練などを行い、介護保険の対象となります。


一般的に「介護を受けている」という時には、この型の施設に入居しています。



次に、「住宅型有料老人ホーム」は、入居者の人がその介護度に応じて、食事の支援や生活介助などのサービスを受けることができる施設です。

また、個人で事業者と契約することで、在宅サービスを利用して、訪問介護に来てもらうことも可能になっています。3つ目の「健康型有料老人ホーム」とは、前の2つが程度の差こそあれ、介護を必要とする人のための施設であるのに対して、介護を必要としない高齢者のための施設です。

有料老人ホームの特別な情報を載せています。

もちろん食事や生活の介助など、必要と感じた時にはサービスを頼むこともできますが、基本的には、健康的で自立して生活できている人を対象にしています。

そのため、「一人暮らしでは少し不安がある」「家事が大変」「一人で暮らすより、日々いろいろな人と交流していたい」と考える人が利用する施設で、中には、露天風呂やトレーニングルームなどを備えている施設もあります。

新しいOKWaveに関する情報をすばやく探せます。

しかし、健康型の施設の場合は、介護が必要になった場合は退去しなければならないという決まりがあります。